2011年01月09日

りょう、初めての新雪

スキー旅行最終日です
旅行前日に体調不良だったパパの腸も日々よくなってきたようです

今日はまずりょうとママが朝一で滑ってきました
一緒に滑れるようになるとはわーい(嬉しい顔)
しかも見ていて危なっかしいわけでもないので、楽しかったです

さらに昨夜雪が降ったようで、ゲレンデは新雪が・・・
パウダースノーを楽しめました
初めて新雪で滑ったりょうには足が取られて滑りにくかったようですが

ただ、昨日習った滑りながらジャンプをしたり、片足を上げたりするのが役に立ったようで
それを生かして滑っていました
ママと滑った後はパパと滑りにいっていました

その間、ママはゆかと一緒に雪だるま作りをしていました
今日はちょっと暖かかったのでゆかも少しはゲレンデに出る気になったようです

そこに滑ってきたパパとりょうも合流
・・・のはずでしたが、パパが来たとたんにゆかはコアラになって
パパとホテルに撤収していましたがく〜(落胆した顔)

ママとりょうはホテルが用意してくれた雪だるまを作るためのバケツやらスコップを使って
頑張りました手(グー)

大きな二つの雪だるまが出来ました♪DSCN4931.JPG


そのあとはりょうとそり滑りです
昨年はかなりスピードのでるそりが貸してもらえましたが
今年は無くなってしまったようです
確かに・・・りょうも何回もクラッシュして危険だったかも
それと同時にそりを持ってリフトに乗れなくなりました
その代わりそり専用のゲレンデがあり、滑った後はトラクターで上まで乗せて行ってくれます

朝は天気が良かったのですが
だんだんガスが出てきて、もう一度りょうと滑ろうかと思っていましたが
そりをお昼まで楽しんで撤収です

ランチ後に温泉に入って・・・
そこで大事件
女風呂の浴槽に浮遊物が・・・
あってはいけないものが沈んだり浮いたり
『物』は1歳未満ぐらいのお子さんのものでしょうか
せっかく洗って湯船につかっていたら発見
再び洗いなおしましたが・・・
あまり気分のいいものではなかったです
他のお客さんもそうだったようです

しかもきっとその子のものであろうお子さんのママ・おばあちゃんは見て見ぬふり
お・・・・いちっ(怒った顔)

一瞬ゆかも疑いの対象のようでした
一緒に入っている間そんなそぶりはなかったし
でも一応確認しました。
しかも周りに聞こえるようにちょっと大きめな声で
そしたら、ゆかは『ないむかっ(怒り)」と否定していました

帰り、猪苗代の駅で待っていたら反対がわの会津若松方面の電車が・・・
雪を巻き上げて入ってきていました
確かに全く線路は見えていませんでした
でも?いつ降ったんだろう??
その光景にホームにいたみんなが「わぁぁぁぁぁ・・・」とビックリしていました
めったに見られなさそうな光景でした

郡山駅で途中下車して駅弁を買うことにしていたのですが
あまり種類もなく・・とりあえず・・というものを買いました
おいしかったのは、凍みもちを天ぷらにした「凍天(しみてん)」というドーナツみたいな
サーターアンダギーみたいなお菓子です
さすがに地元の人も並んで買うほどのものでした
あれは絶品です♪

楽しかった3日間はあっという間に終わりました
明日一日休んだ後はいよいよりょうは新学期
パパもすでに仕事ははじまってはいますが、なんとなく気分的に仕事始めのような気がするそうです

出来れば今シーズンもう一回行けるとりょうはかなり滑れるようになるのかな

posted by りょうドナ at 23:26| Comment(0) | ファミリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。